忍者ブログ
でこぼこなロックバンド「アスフィア」のブログです。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 5月10日のライブを終えてからはや2ヶ月。すっかり放置してしまいました。

Asphereはしっかり生きてます!

最近はもっぱらレコーディングに向けて準備中です。

いかんせん、基本、社会人バンドなので結構時間がかかっていますが、年内には何とか形にする予定です。

ライブはしばらく無理かな。

レコーディングの様子など、報告します。

以上
PR
 次回の出演時間が決まりました。

日にち 5月10日(日)
時間 21:20~
場所 立川Live Bar Heart Beat
http://live-heartbeat.net/?eid=2

今回も、出演5団体のうち最後です。
Asphere結成してから3回ライブをやって3回とも一番最後。
なんでだ…。何となくこうなることを予感してもいたが。

こうなったらアンコール2回くらいやろうかな。
うしお@ベーシストです。
そういえば、次回のライブのご案内をきちんと書いていませんでした。

♪Asphere3回目のライブ
とき:2009年5月10日(日)
時間:未定(イベント開始は19時)
場所:立川Live bar Heart Beat (立川駅南口徒歩2分)
http://live-heartbeat.net/
チケット:1,500+500

出演時間はまだ未定です。決まり次第、お知らせします。
いよいよ3回目になり、前回以上にかなりいい音楽になっているような気がします。
是非是非お越しください。
うしお@ベーシストです。

上様とまたまたレコーディングしました。
今回とった曲は、「溝ノ口太陽族」。「天体戦士サンレッド」というアニメのオープニングらしいのですが、僕は一度もこれを見たことがありません。ただ、主題歌自体は、やや懐かしい感じのする曲で、上様がアニメの終了を記念して、是非これをとりたいといったので、とってみることになりました。

録音自体は特に問題なく2時間くらいで終了。すでにニコニコ動画にアップしました。
http://www.nicovideo.jp/mylist/6027149
是非聞いてみてください。
うしお@ベースです。
3月28日のライブは無事終了しました。
ご来場いただいた方々に心から御礼申し上げます。

いやぁ、ほんとに楽しかったです。
今回は服も焦がさなかったですしね。
僕らを初めて見る人が多かったと思うけれど、30分間楽しんでいただけたでしょうか。
ちなみに曲順は以下の通りでした。

1,YURAYURA
2,モノクロームの空の下で
3,茶色の朝
4,陽が沈む前に
5,結婚できない男 ~Love me tender~

「YURAYURA」はまっきゅの曲。Asphereとしては今回初めてだね。どんな感想を持たれたかすごく興味がある。後半部分のアレンジが結論出な いまま本番来ちゃったけどね。これ、まっきゅが歌うのと上様が歌うのとだと、全然変わるのが面白い。個人的には、実はアニソンのベースラインを参考にして いるのが特徴かな。ひとつはマクロスFの「ライオン」。たぶん誰にも気づいてもらえないけど、ボーカルにベースがハモらせてるんだ。もう一つは「溝ノ口太 陽族」。分散和音を多用して上の方で動かす。ドラムとシンクロさせ切れなかったのが悔やまれる。

「モノクロームの空の下で」は随分長くやっているよな。足かけ3年くらい歌い続けてる。これは歌詞を見ればすぐにわかるけれど、イラク戦争がモ チーフ。なんか僕らの定番となってきてる感もある。この曲はとにかくヴァイオリンを入れているのが特徴かな。間奏で、シベリウスっぽいシンコペーションを つけてる。これは大学3年の時に、シベリウスの交響曲第1番をやったからだろうね。あの曲やっていなかったら、絶対にこんな動きはつけないな。

「茶色の朝」は、ご存じフランク・パブロフの「茶色の朝」。この物語にメロディをつけたのは、世界中探してもたぶん僕だけだろう。この曲はまっ きゅがたいへん。なんと曲の途中でキーボードとヴァイオリンの持ち替えになる。元々この曲は、すんごい単純な8ビートだったのだけれど、Asphereに なってからアレンジをファンクにした。ギタリストの庸ちゃんがすんごい。お客さんもかなりいい感じだったね。
この曲はいろいろな仕掛けがある。一つはヴァイオリンソロのメロディ。実はこれ、ワーグナーの歌劇「リエンツィ」序曲なんだ。これにブルー ノートをいれたりなんかして、ファンキーにしてるんだよね。どんなものすごいクラヲタ(「クラシックヲタク」の略)でも気づかないだろう。なぜ僕はこの曲 を使ったのか。それはこの曲が「茶色」ってことと深く関係してる。実はワーグナーの歌劇「リエンツィ」序曲は、なんとナチスの第1回党大会の入場音楽とし て使われたという。これがヒントだな。あとはとにかく「茶色の朝」を読んでみてください。僕が表現したいことがそこに書かれています。
もう一つの仕掛けは、最後に全音音階を使っていること。これは、ロシアの作曲家・グリンカの作品で「ルスランとリュドミラ」という歌劇がある んだが、この中で、悪魔の大王が登場するときにこの全音音階が使われる。ここから借りた。「茶色の朝」の訪れを、この全音音階で、あえて不協和音にして表 現しているというわけだ。
今回のライブは、ヴァイオリンソロに入る前のベースソロを間違えた。というか弾けなかった。100回練習して一回も間違えなかったところを、101回目に間違えたりする。それがライブってものだ。悔しい。でも、それを許している自分もいる。

「陽が沈む前に」はまっきゅの曲。これは本当に名曲だよ。これができるってことに喜びを感じるね。みんなに聞いてほしい。レコーディングしてないから、ライブでしか聞けないし。今回のライブでも、帰り際に「まっきゅは天才だね」って言って帰った人がいた。

そして最後は「結婚できない男 ~Love me tender~」。ドラマでやってた「結婚できない男」をヒントに、僕の自画像としてこの曲を書いた。堅く言うと、未婚率の上昇がテーマ。それを、ひとり の30代独身サラリーマンのつぶやきという形で表現してるつもり。まあどちらかというと、お笑いソングかな。上様が曲のタイトルを言うだけで、なぜか客席 から失笑がもれるってのが狙い通りでこっちも笑えてくる。
そんなお笑いソングなんだけど、でも音楽的にはいろいろとやっていて、Bメロでは、マイナーペンタトニックスケールを使いつつ、ボーカルに下 4度でハモらせようと画策している。できないんだけどね。4度のハモりはどこからヒントを得たかというと、坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」。随分話 がとぶね。それからサビでは変拍子になるのが一番の特徴かな。突然3拍子になるからバックビートで拍をとっていると、そこからダウンビートになっちゃう。 前回のライブでまっきゅが言ってた。目の前の人が、変拍子で手拍子がダウンビートになっちゃって、さりげなくバックビートに戻していたらしい。まあでもそ れまで偶数だったのが突然奇数になるのだから、そういう現象は起こるよね。
それから倍テンになってから最高潮に達するところで、リタルダンドする。ここではドラムがティンパニみたいになる。上様は指揮者。ここのバン ドのアンサンブルが難しいんだよね。個人的には、いつまでたってもコーラスが下手くそなのがいやになる。最高潮になるところで、上様に対して僕が和声的に いうとsus4の音でハモらせたいんだけど、これが難しい。

というわけで、各曲に対するうしお的コメントをまとめてみました。随分と勝手で独りよがりな思いではありますが、ここらへんも踏まえて聞いてみると、また違ってきこえるかもしれません。次回は5月10日に立川です。

是非またお会いしましょう!
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Ushio
性別:
非公開
自己紹介:
Asphereご一行様
 Vo 上様
 G ようすけ
 B うしお
 P,Vn まっきゅ
 Dr りょう
バーコード
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]